スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

二人で生きる技術

2010/01/06 Wed 20:13

明けましておめでとうございます!

前回の投稿から1ヶ月以上がたちました(笑)
  (・・・3回目にしてこの状況。。はたしてこのブログは続くのだろうか。。。)



ってな事は置いといて、今回もまた最近読んだ本の紹介をしたいと思います(笑)



二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ二人で生きる技術─幸せになるためのパートナーシップ
(2009/10/31)
大塚 隆史

商品詳細を見る


二人で生きる技術
大塚隆史



ある方のブログを拝見していたときにこの本と出合いました。

「二人で生きる技術」

そのタイトルに僕が強く引かれたのは、最近心の中に一つの陰りが見え隠れしていたからだと思います。

(あまり文章にするのは得意ではないので、分かりづらいかと思います・・・



僕は現在付き合って1年半くらいになる相方さんがいます。

相方さんとは今でもラブラブで、毎日メールや電話、一緒に過ごせる時には食事に行ったりウチでまったりしたりと幸せなひとときを過ごしています


そんな、“今”がとても幸せだからこそ思う不安・・・。

それは、、


相方さんといつまでも二人で一緒にい続けることはできるのだろうか・・・?


という不安です。。


相方さんは今まで自分がちゃんと付き合ったといえる始めての人です。
なので、この1年半を通して自分の気持ちが少しづつ変化してきていることに戸惑っています。

  (それは何も「他に気になる人ができて・・・」なんて事ではありません。
   もう僕は相方さん一筋のまっしぐらです(笑))



僕が感じている不安とは、相方さんといることによる“新鮮さ”が少しずつ減ってきているということです。

減ってきてるというだけで、なくなってるなんてことはありません
一緒に新しいお店に行ったり、一人でしか行ったことない場所に二人で行くだけで新鮮な気持ちになれます


ですが、初めて出会って付き合い始めた頃の新鮮さは減ってきているのは確かです・・・。
  (当たり前といわれたら当たり前なのですが^^;)




ある本にこんな調査結果が書いてありました。


一人の男性がある一人の女性とSEXをしたとき5回で限界となったが、女性を代えるとさらに回数を伸ばすことができた。


男性の性欲にとって“新鮮さ”というのは重要な要素なようです^^;
  (これは皆さんも経験あるのではないでしょうか?
   おなじAVを4~5回も見たら飽きてしまって、次のものが欲しくなる。とか(笑))


そして、この性欲というのは恋愛にとってすべてではないですが一つの重要な要素ではないかと思っています。
  (・・・ただ単に僕が性欲旺盛なだけなんですけど(汗))




そしてもう一つ不安要素の一つだったのは、去年のクリスマスを一緒に過ごしたときに相方さんから、

  「いつか一緒に暮らしたい」

と言われました><
僕自身、その申し出は本当に嬉しかったですし、心の底からいつかそうなることを夢見ていました。

現在、相方さんとはバスで1時間程離れた場所に住んでいるので、週に一度会えるか会えないか、といった感じです。

その“距離”をもどかしく感じたこともありますが、それがあったおかげで長く続けていくことができたのかな?と思うこともあります。

しかし、4月から僕が社会人となり相方さんの家の近くに引っ越すので、完全にではないにしろ「一緒に住む」というのが現実味を帯びてきました。


そうなると、


一緒に暮らしてやっていけるのか・・・?


という不安が出てきたのです。



長々と書いちゃいましたが、要は、

「長く一緒にいることで減っていく“新鮮さ”をどうカバーすればよいのか?」
「どうすれば良い関係で一緒に暮らしていけるのか?」


ということがとても知りたかったのです。



結論から言うと、この「二人で生きる技術」を読んでその疑問にズバッと答えてくれる回答を見つけたわけではありません^^;

ですが、その答えを導き出す道標を示してくれました!!


この本は、著者である大塚隆史さんのライフヒストリーを介して、大塚さんが学び・考え・実践し・経験してきた
「最高のパートナーシップとは何か?そしてそれを得るためにはどうすれば良いのか?」
ということが綴られています。

皆さんにも是非この本を読んでもらいたいので、細かい内容には触れませんが、僕はこの本を読んで大塚さんの考える「最高のパートナーシップ=トゥマン」にとても共感し、相方さんとそんな関係を築いていきたいと思いました!

今度相方さんに会ったときには、なんで僕がこの本を読みたかったのか、という話をして今の僕の考えを伝えてみようと思います!

そして、相方さんにもこの本を読んでもらおうかなぁなんて考えてます(笑)



まだまだ不安が解消されたわけではなく、むしろ不安解消のスタートラインに立てたという感じですが、暗闇の中この本を読むことで見つけた小さな光を目指して、これから進んでいきたいと思います><

これからどうなるか楽しみです♪




・・・一度で良いから大塚さんに実際に会って話をしてみたいなー





スポンサーサイト
| コメント(0) | トラックバック(0)
 | HOME | Next »

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。