スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

肝高の阿麻和利

2011/07/11 Mon 03:47


こんばんは♪夕方がら5時間程寝てしまった、うちなです^^

今週末は、エイサーの練習行ったり、友達とカラオケで半徹夜したり、カフェ巡りしたりと遊びつかれました(笑)

で、そんな中で買った本がコレ↓↓

キムタカ

この本は、沖縄の小浜島出身の演出家、平田大一(ひらたたいち)さんと

実際に平田さんが演出を手がけている「肝高の阿麻和利」という舞台のお話です。


みなさんは、

「肝高の阿麻和利」(きむたかのあまわり)

って知っていますか?

おそらく、ほとんどの方が知らないと思います^^;


「肝高の阿麻和利」とは、琉球時代に実在した阿麻和利という人の生き様を描いた舞台です。

("肝高"とは、誇り高いという意味)

沖縄の伝統芸能である組踊に現代風な音楽やダンスを取り入れた、沖縄版ミュージカルです。

公演回数は120回以上、動員総数は7万人を超え、ハワイ公演まで行なったこの舞台。

何よりも驚きなのは、出演者の全員が地元うるま市の中高生ということです!!

プロの役者ではなく、中高生がやってるってスゴクないですか?!


僕は大学の頃、この舞台の福岡公演があった時に初めて観ました。

(地元にいる頃から存在は知っていたのですが、なかなか行く機会がなくて^^)

・・・もう、迫力&感動ハンパなかったです;;

最後には号泣してました。。。。


あれほどの舞台を、役者から歌や演奏、踊りまですべて中高生がやっているとは衝撃でした。


なぜ、中高生がやっているのか?

というのには、平田さんの熱い想いが込められています。


_/_/_/_/_/_/


みんなで一つの舞台を創るという感動体験を通しての成長。

阿麻和利という地元の英雄を知り、演じることで、地元に誇りを持ってほしい。

そしてそんな子供達が、これからの沖縄を支える礎となってほしい。



_/_/_/_/_/_/


まだまだこんな3行では語り尽くせないくらいの想いを、平田さんはこの舞台に込めています。

もうなんて言うか、、、、カッコイイ><

自分もいつか、大好きな沖縄のために何かできる人になりたいと思っています。

(でも今はその"何か"が見つかっていないので、それを模索しているのですが・・・。)


よっしゃ、自分もカッコイイ大人になろう!

そんなコトを強く思った週末でした^^


「肝高の阿麻和利 公式サイト」
http://amawari.com/

肝高の阿麻和利

↑僕が観に行った福岡公演のポスター↑


「肝高の阿麻和利」観ましたって方は、是非ワンクリックお願いします♪

□□■■□□■■
にほんブログ村 恋愛ブログ 同性愛・ゲイ(ノンアダルト)へ
にほんブログ村
■■□□■■□□


スポンサーサイト
| コメント(2) | トラックバック(0)
コメント
すごい!!
阿麻和利ゎすごいですよね?
いつか北山の風も見に来てみてください。楽しぃですよ?
コメントありがとうございます^ ^
〉ムーミンさん

はじめまして!
コメントありがとうございます^ ^

阿麻和利、ホントに良かったです!
チャンスがあれば卒業公演を一度見てみたいのですが、なかなか。。

北山の風も是非観てみたいです♪
八重山の方の、オヤケアカハチなんかも観たいんですけどね〜( ̄^ ̄)ゞ

管理者のみに表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。